やっぱりお金は銀行から借りたいですよね

『お金を借りる』という言葉を聞くと、銀行よりも消費者金融を思い出す人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。
これはユニークなCMや広告を用いて、消費者金融が大々的に宣伝を行なった結果であると考えられます。

しかし、実際に『お金を借りよう』と思った時は、消費者金融よりも先に銀行に足を向けるべきです。
銀行でも『カードローン』というフリーローン商品があり、一度審査を通過すると、上限額までであれば何回でもお金を借りることができるのです。

理由はさまざまありますが、その最もたる理由は『金利が安い』ということに尽きます。

貸金法ぎりぎり、下手をすると出資法ぎりぎりの金利でお金を貸し出している消費者金融。その金利はかなり大きいものだと言えるでしょう。
広告上では最低金利を銀行カードローンと変わらないほどの低金利を謳っていますが、その低金利が適用されることはほとんどありません。

カードローンを選ぶ際は、最低金利ではなく最高金利で比較した方がいいでしょう。

売れ筋ランキング

  • プロミス

    プロミスのフリーキャッシングなら即日借入も可能! ウェブ契約の利用なら、書類の手続きもネット上でできて、当日振込してもらえます。 ※申込の時間帯により、翌日以降の融資の場合もあり

  • モビット

    モビット

    とにかく借り入れをスピーディーかつ、便利にしたいならモビット。ウェブ完結申込を利用すれば、申込から実際にお金を手にするまでネットだけで完結。つまり原則電話連絡や郵送がありません。

なぜ銀行系のローンが人気なの?

銀行カードローンは、消費者金融よりも若干審査が厳しくなっています。
そう聞くと、審査が柔軟な金融機関から借りた方がラク……と思われるかもしれません。しかし、審査が厳しいのには理由があります。

それは、確実に返してくれるであろう人にだけ貸すことで、確実に貸したお金を回収できるということです。
これだけ聞けば銀行側のみのメリットのように聞こえますが、このように『確実性』を高めることによって低金利を実現することができているのです。会社によってマチマチですが、10%以下の低金利を実現できるのは、銀行カードローンほかありません。
消費者金融が高金利なのは、若干回収できる可能性が低い人にも貸し出すため、やや回収率が低くなり、それを補填する目的もあると言われています。

また、先に消費者金融のカードローンに手を出してしまい、限度額ギリギリまで借りてもお金が足りない状態に陥ってしまったとします。
そうなると、『現時点での借金が返せていない』という理由で、銀行カードローンの審査は通らなくなるでしょう。
しかし、逆の場合……銀行カードローンを限度額ギリギリまで借りてもお金が足りない状態に陥ったとしても、そこから消費者金融系のローンに申し込むという手段は残されています。銀行、消費者金融双方にメリットはありますが、金利が安いため、50万~100万という形でまとまった金額を借り入れしたい場合は銀行カードローンからお金を借りるほうがよいでしょう。

メガバンクならではの安心感

消費者金融といえば、映画やドラマの影響もあって、取り立てが怖い、返済が遅れたらどうなるんだろう・・・と思ったりしませんか?
実際にキャッシング会社で働いている社員の方は優秀なホワイトカラーのサラリーマンで、折り目正しい人がほとんどですが、メディアの影響もあってちょっと借り入れに抵抗があるという人がいるのも事実です。

その点銀行の場合は、半沢直樹やハゲタカのドラマのように超エリートが活躍する清潔感あふれる企業というイメージが強いので、借り入れする際も安心です。

グレーゾーン金利が撤廃された時、街の中小の消費者金融は倒産に追い込まれました。
そんな中でも倒産した銀行などはありません。それどころか、こぞって消費者金融がメガバンクグループの傘下に加わりました。

銀行はお金を貸すだけではなく、様々な業務で利益を出しているので、少々のことではびくともしないんですね。
我々が知らない銀行の裏側についても少し紹介していきたいと思います。

【参考記事】銀行からの個人借入。消費者金融にはないメリットと審査について

このページの先頭へ