『ワンストップサービス』でさまざまな金融商品が扱えるようになった銀行

もともと、銀行は様々な預金商品を中心に扱っていました。

ところが、『金融ビッグバン』を機に、監督官庁の金融庁は「ワンストップサービス」の方針を打ち出しました。
これは銀行・証券・保険といった金融の業態間の垣根を低くするという変更で、1つの店舗で預金、投資信託、保険商品を扱えるようになりました。
それまでは保険商品や投資信託は銀行では取り扱えませんでしたので、これは大きな改変となりました。のちに「銀行窓販の解禁」と呼ばれました。

他業種金融商品の窓口販売解禁が始まったのは1997年で、最初は証券会社の専売商品だった投資信託の販売から販売されました。
これは銀行系列の証券会社や投資信託会社が、銀行の一部スペースを借りて投資信託を販売する形で行われ、『店舗貸し方式』とも呼ばれました。

さらに1998年、投資信託の銀行からの販売が全面解禁となりました。
現在では、生命保険・損害保険会社や郵便局といった場所でも、投資信託が販売されるようになりました。

2001年に長期火災保険や海外旅行傷害保険などの保険商品の銀行窓販解禁となりました。
2002年には、個人年金保険・財形保険、2007年に全面解禁となっています。  

銀行窓販のサービス拡大と銀行窓販で買うメリット

銀行で保険を買うことのメリットとして、『銀行はオリジナルの保険を出していないので、さまざまな保険を提供できる』というものがありました。

銀行以外の保険販売会社は、自社オリジナルの保険商品を販売し、そのセールスをすることで利益を上げています。
しかし、銀行は多数の保険会社と契約を結び、自社の商品ではなく他社の商品を提供していることがほとんどなのです。

そういったことから、『自社の売り上げだけを考える保険会社よりも消費者目線で保険の説明をしてくれる』といったところがメリットでした。

「でした」と過去形なのは、このメリットが薄れつつあるからです。
最近では、ファイナンシャルプランナーに保険の相談ができる『来店型保険ショップ』というものがあります。最も有名な来店型保険ショップは、『ほけんの窓口』でしょう。

来店型保険ショップは自社のオリジナル保険商品を持っている保険商品販売会社ではなく、銀行窓販と同じく他社の保険を販売しています。
無料で気軽に利用できることから、銀行窓販よりも来店型保険ショップを選ぶ人も少なくありません。

銀行のメリットは、信用度が高いということです。昔からある会社ですから、そうそう悪いことはできないという信頼を、消費者は無意識に持っています。
そうした点から考えて銀行窓販が大きく廃れることはないでしょうが、『自社商品を押し付けてこない』というメリットが銀行窓販だけのものでなくなったことも確かな話です。

機能差がなくなったクレジットカードのサービス競争

今や生活必需品に近い存在となっている『クレジットカード』。2006年で発行枚数は2億9266万枚に達しました。
10年間の間に、約6000万枚増加したこととなります。

市場規模は、ショッピングとキャッシングで合計で42.3兆円に達し、19.5兆円も増えた計算になります。
以前のクレジットカードの機能は、『銀行系』『信販系』『流通系』といったようなカテゴリーごとに異なっていました。 しかし、今では基本的な機能はどの系列のクレジットカードでも同じようなものになっています。

最近ではクレジットカードも『サービス競争』のようになっており、ポイント還元や格安ゴールドカードなど、さまざまなタイプのクレジットカードが発行されています。
中には、クレジットカードの絵柄をキャラクターのものにするといった『一部のファン』を狙い撃ちにしたカードも少なくありません。

このページの先頭へ