個人向け銀行サービスにはどんなものがある?

・家計のさまざまなニーズに応える「預かる」「貸す」「為替」3つのサービス

銀行が個人に対して行うサービスは、基本的に企業に対するサービスと大きな差はありません。
銀行の「3大サービス」である「預かる」「貸し出す」「為替」が行われています。

この3大サービスとは一体どういうものなのかを見ていきましょう。
まず「預かるサービス」というのは、単純に預金や信託といった形で家計の資産を預かるサービスです。
多くの人が銀行に口座を作り、このサービスを活用しているでしょう。
これは資金調達の柱として、銀行ではとても大事な業務となっています。

しかし、近年は預金金利が下がってきています。その低さのために、「わざわざ銀行に預ける価値があるのか」という疑問を感じている人が増えているからです。 そのため銀行は、金利の高い投資信託や債券といった有価証券を扱うことも増えてきました。
さまざまな投資関連の商品が展開され、今ではかなり安い預金額でも投資などが行えるようになってきました。
ニーズに合わせて「預かるサービス」を進化させたのです。

「貸し出すサービス」は、住宅ローン・教育ローン・カードローンといった形で行われる個人向けキャッシングです。
最近では、クレジットカード会社、消費者金融会社、信販会社などのグループ企業も使って、積極的に「貸し出すサービス」を展開しています。
一度審査に通れば、完済せずとも何度でも限度額まで借り入れが行えるカードローンも、この貸し出すサービスの1つとして人気を博しています。
キャッシングしたい時にいちいち審査を受けなくてはならないというハードルを取り去ることによって、気軽にお金を借りられるようにしました。

こうして、さまざまな家計の資金需要に応えているのです。
預金・借り入れだけじゃない!家計と銀行の関係でも触れてしますが、銀行を上手く活用することが大切なのです。

クレカやデビカ……『キャッシュレス時代』の銀行サービスとは

「為替サービス」は、給与の振り込みや、公共料金の引落しなどのサービスの総称です。
キャッシュレス時代を迎えて、このサービスが銀行業務の中で大きな比重を占めるようになってきています。

クレジットカードや、商品購入時、すぐに銀行口座からお金を引き落として支払えるデビットカード、インターネットバンキングなどの電子決済サービスのような資金決済サービスを提供も進めています。
インターネットでデジタルマネーが飛び交う現代社会において、これらのキャッシュレスに関するサービスは、銀行業務において大きな割り合いを占めるものとなってきています。

このページの先頭へ