『プライベートバンキング』富裕層に向けられたサービス

近年、注目されている銀行サービスの1つに『プライベートバンク』、略してPBと呼ばれるものがあります。

これは数億円単位の金融資産を保有する富裕層向けのサービスです。
外資系の金融機関は、日本のメガバンクより先行して、資産の運用やアドバイス、税金や相続対策までさまざまな金融サービスを提供してきました。
日本のメガバンクは、この分野では遅れを取ってしまったのです。

最近では『プライベートバンク』を名乗りながら、『プライベートバンクサービス』を展開している銀行もあります。
『プライベートバンク』を正式に名乗るには、スイスのプライベートバンカーズ協会に加盟していなければいけません。
協会に加盟していないプライベートバンクに似たサービスは『プライベートバンクサービス』として分別されます。

PBというものはもともと、スイス発祥のプライベート銀行によって行なわれていたビジネスです。
同族経営による、まさしく「私的」な金融機関でした。
最近ではほとんどの大手銀行が富裕層を対象としたPB運営に乗り出しています。

今のPBには、大きく分けて『スイスタイプ』『米国タイプ』といった2つの種類があります。

スイスタイプは、日本にはスイスのビクテ・LODH信託などが進出しています。
最低でも数億円単位の運用資金が必要な超富裕層が対象のサービスです。
「お金さえあれば誰でも口座が開設できる」というものではなく、審査に通った人しか受けられないサービスです。
厳しい条件の代わりに、親から子へ、子から孫へと代々にわたる大きな金融サポートから、子供の留学や世界最先端の医療サービス、旅行や観劇の手配のような暮らしレベルの小さなサービスまで充実しています。

米国タイプは、スイスタイプより少ない資金運用額で始めることができます。金融以外のサービスも含めて受けられる『簡易版PB』といった感じのものになります。

少しだけ身近になった?プライベートバンクサービス

『プライベートバンク』という言葉の響きの良さから、PBサービスを使いたいという人はとてもたくさんいます。
そうした人の声に応えるためか、最近では1000万円程度の預け入れでサービスが受けられるPBサービスが多くあります。
数億円規模のものと比較すると断然サービスは劣りますが、それでもさまざまなサービスの提供を受けることができます。

銀行を使用する際にかかる手数料の無料化、資産管理といったお金関連のことから、旅行の手配といったことまで、そのサービスは銀行によってさまざまです。
利用する際は「今までこの銀行を使っていたから」というような選び方ではなく、「どこに預けると1番メリットがあるか」といった考え方をして選んだ方がいいでしょう。

このページの先頭へ